banner

登記や社会保険について

株式会社設立。登記や社会保険などは専門家へ

規制緩和なども背景に、最近では株式会社設立を考えている人も増えています。確かに、昔に比べると、資本金の規制などはなくなり、少額で誰でも株式会社設立が可能になりました。

しかし、当たり前のことですが、会社を設立したからと言って、必ず儲かるわけではありません。中途半端な気持ちで始めると、痛い目に遭います。株式会社設立をして、成功する人と、失敗する人の違いとは、いったい何なのでしょう。

大学新卒で会社に入社し、3年程度で同期から抜きん出て、出世してしまうタイプの人がいます。営業成績が良いというのは大前提ですが、それにしても違和感のある出世という人がいます。

こうした人は、もとからリーダーとしての才能のある人です。リーダーは、努力に加えて、カリスマ性とでも言う、何か別の要素を持っています。どこにいても人から注目されてしまうタイプの人です。集団があれば、なぜか望まなくても集団の中心になってしまうタイプの人です。

こうした人は、起業しても、周りから注目されてしまうのです。努力が前提ですが、それ以外の何かがあって注目されます。従業員も注目し、そして顧客も注目します。だからこそ、株式会社設立をしても、成功するのです。

目安としては、社会人3年目で、同期から二段階ほど抜きん出た職位を得ている人でしょうか。そうした人は、世のため人のため、独立起業をしましょう。

さて、株式会社設立のためには、まずお金です。お金がなくては、設立はできても、設立後の数年の苦しい時期に、破たんしてしまいます。設立後数年は、普通は赤字なのです。売上よりも支出のほうが大きいでしょう。この苦しい期間を乗り切るためのお金が必要です。

最低でも月間30万円程度の生活資金は確保しましょう。

次に、設立時点での手続です。設立に関わる手続は、自分ひとりでもできます。しかし、あまりに煩雑で時間がかかるため、間違いのないように専門家に依頼するのが一番です。専門家とは、司法書士、行政書士、税理士、弁護士などです。最近では、手続の代行手数料が0円という事務所も出てきました。

さらに、設立後の各種手続きもあります。これもやはり専門的な知識が必要なため、上記のような資格保有者に依頼するのが普通です。社会保険というのがありますよね。

一定以上の時間を働く前提の従業員は、必ずこの社会保険に加入させなければなりません。あなたが今まで会社で、総務部の人にやってもらっていた仕事です。自分ではできないでしょう。だから専門家の知識を借りるしかないのです。

経営は、会社をとりまくあらゆる人たちによって支えられるものです。自分の役割、従業員の役割、外部の専門家の役割、そして家族の役割、それぞれの総合体が会社なのです。なんでも自分でやるのではなく、みなで協力するからこそテコの原理でより大きな果実を生むのです。

Copyright(c) 2014 株式会社設立にむけて専門家の力を借りましょうAll Rights Reserved.