banner

人数について

以前にあっては、株式会社設立の際、最低でも三名の取締役を必要としており、取締役の中から代表者を選任する事で、代表取締役としたのです。けれど、設立時に必要な人数である三名が確保できない状況も見受けられる傾向にあり、その解消策として、便宜上の取締役を設定する等も見受けられる環境にあったのです。

このような場合には、親戚や知人にお願いする事で要件を満たす事も、行われていたのですが、便宜上の取締役は、株式会社設立の申請書類に名を連ねる、「お飾り」的要素が否定できない状況にあり、経営に参加する事のない、名ばかりの取締役が、多数存在する状況が定着していたのです。

このような背景にあって、これ等状況を回避し、真に経営に携わる社員により書類を完結し、株式会社設立後にあっても、社員として経営に参加する事を目的とする、平成18年に施行された会社法では、取締役人数が三名に至らず、発起人一人の場合にあっても、株式会社設立が可能となったのです。

平成18年の会社法施行は、このような状況を回避し、株式会社設立と、会社の実態が同一となりやすい環境整備の面を考えると、一定の成果を収めている状況下にあると考えます。つまり、新しい会社法が施行された事により、取締役が一人だけの場合にあっても、株式会社が設立できる。と同時に、発起人一人だけでも、株式会社が成立するようになったのです。

けれど、この場合にあっても、株式会社の規模等によっては、取締役の人数が変わる事となりますので、設立の際には、これらについても、慎重に調査する姿勢が求められると考えます。

また、三名未満の取締役で株式会社を設立する場合には、株式の全てにおいて、譲渡の制限を受けますので、配慮すべき事項であるとの立場です。譲渡制限とは、株式の自由な譲渡が認められない。とする制度であり、譲渡する際には株主総会の承諾が必要となりますので、重要な事項と捉え、事前にその内容を精査する必要があるでしょう。

株式会社設立は、このような法改正により、随分身近な存在となりましたので、起業を計画する場合にあっては、個人で経営する場合のメリットや、株式会社と言う、法人を設立する事に対するメリットを比較することで、今後の事業展開が、より有利な環境で推移できるよう、設立に伴う検討事項として、十分に精査する必要があると考えます。

さらに、株式会社を設立する事は、個人と、法人と、同一人物が二つの人格を有する事となリますので、この点についても熟知する事が必要であると考えます。

Copyright(c) 2014 株式会社設立にむけて専門家の力を借りましょうAll Rights Reserved.